【簡単】salesforceとは?

  • 営業活動が非効率的
  • 顧客情報が共有されていない
  • 必要な情報がどこにあるのか管理できない

など、自社やご自身におけるビジネスの情報管理に悩みを抱えている企業や個人事業主は多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決する手段としておすすめなのが、Salesforceです。

今回は経営をサポートするSalesforceの機能、Salesforceを導入するメリットなどをご紹介します。

Salesforceを理解するためには、まず3つの用語を知る必要があります。

  • クラウドサービス
  • CRM
  • プラットフォーム

まずは、この3つから見ていくことにしましょう。

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

クラウドサービスとは?

クラウドのイメージ画像|アインの集客マーケティングブログ

クラウドとは「雲」という意味で、インターネットに接続していれば、どこからでもそのクラウドに接続することができます。

つまり、クラウドの中にサービスがあって、そのサービスにどこからでも接続できるということです。

どこからでもサービスに接続できます。

Salesforceの最も重要な点は、クラウドサービスであるということです。

クラウドサービスを利用する身近な例を挙げてみると、Googleのスプレッドシートが良い例です。

これは、エクセルのようなファイルをインターネットから自分のパソコンの記憶領域を使わずにファイルを編集することができます。

さらにそのシートを別の人が見て、すぐに確認することもできます。

Salesforceは、このクラウドサービスを世界に先駆けて採用した企業のひとつです。

クラウドサービスを利用することによるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

  • 自分のパソコンにアプリケーションをインストールする必要がない
  • インターネットに接続できる環境であればどこからでも利用可能
  • 今話題のリモートワークやテレワークにも利用可能

クラウドサービスは、今やさまざまなサービスで活用されています。

先ほどご紹介したGoogleのスプレッドシートや、パソコンの容量をいっぱいにしたくない人は、写真や動画をクラウドに保存できるサービスもあります。

意外と身近なところでクラウドサービスを利用しているかもしれませんね。

CRMとは?

CRMのイメージ画像|アインの集客マーケティングブログ

CRMとは、Customer Relationship Managementの頭文字をとったものです。

日本語では以下のように訳されています。

日本語では「顧客管理」と呼ばれることが多いようです。

ここでいう「顧客管理」とは、消費者の固有のニーズを満たすサービスを提供するための経営コンセプトです。

例えば、顧客管理とは以下のようなものを指します。

これまで各営業担当者が管理していた顧客情報が、CRMサービス内ですべて閲覧できるようになりました。

これにより、特定の条件を満たしたお客様に自動的にメールを送信するなど、業務が簡素化されます。

また、商談の履歴を残すことで、担当者以外でも進捗状況を把握することができます。

Salesforceでは大企業にありがちな、大量生産・大量消費型のサービスマネジメントではなく、徹底した顧客管理によりきめ細かなサービスを提供することができます。

顧客との関係を徹底的に管理するサービスを提供するのがSalesforceです。

プラットフォームとは?

プラットフォームの画像|アインの集客マーケティングブログ

プラットフォームとは、基盤を意味するIT用語です。

Salesforceプラットフォームというと、Salesforceを動かすための基盤を意味します。

CRMサービスを提供し、

  • マーケティング
  • 営業
  • 顧客フォロー
  • アップセル

までをサポートするその様子は、まさに私達がSalesforceというプラットフォームを利用しているということです。

Salesforceの正体

Salesforceのロゴ|アインの集客マーケティングブログ

Salesforceは、クラウド型サービスであるCRM(Customer Relationship Management)ののアプリケーションツールです。

Salesforce は、顧客に対するセールス、サービス、マーケティング、分析、つながりを促進するために設計されたカスタマーサクセスプラットフォームです。

Salesforce とは?

実はほかにも同様のクラウドサービスを利用したCRMサービスは数多く存在しています。

  • Zoho CRM
  • SkyDesk
  • ちきゅう
  • Sansan

などです。

Sansanなんかは、テレビCMをご覧になった人もいるのではないでしょうか?

2020年5月現在、Salesforceは全世界で15万社以上に利用されており、世界No.1のCRMツールとなっています。

他と比べてSalesforceにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

Salesforceのメリット

シェアNo.1だからこその充実したサービス内容

街角にあるSalesforceのロゴ|アインの集客マーケティングブログ

Salesforceは創業以来約20年間、カスタマーサクセスに注力してきました。

そのためCRMに必要な多くの機能を備えており、企業内で簡単にCRMサービスを導入することができます。

また営業だけでなく、

  • コールセンター
  • 派遣社員
  • マーケティング

などの機能も備えているので、お客様に一貫したサービスを提供することができます。

プログラミングの経験がなくてもカスタマイズが可能

コードの画面|アインの集客マーケティングブログ

Salesforceの標準機能だけでは物足りないという方は、自社のニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズすることができます。

メールの自動送信や商談の管理など、マウス操作だけでできることはたくさんあり、高度なプログラミングの知識がなくても簡単に設定できます。

みょうじん先生

マウス操作をカスタマイズすることをSalesforceではポイント&クリック開発と呼び、自動化ツールも多数用意されています。

クラウドサービスであるということ

女性のプログラマー|アインの集客マーケティングブログ

Salesforceはクラウドサービスであるため、IDとパスワードさえあれば、世界中どこでも同じ環境に接続できるというのも大きなメリットです。

また、Salesforceはセキュリティも万全です。

IPアドレスによる制限や、設定した時間以外はログインできないようにすることも簡単に設定できます。

まとめ

Salesforceは、これまで大企業でなければ導入が難しかった高品質なシステムを低コストで利用できるようにしました。

Salesforceは、ハードウェアを必要とせず簡単に導入でき、多くの機能の中からカスタマイズすることができるため、あらゆる規模や形態のビジネスに適しています。

Salesforceは無料トライアルを提供していますので、営業力や顧客満足度の向上を目指している方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)