一般社団法人のドメイン「.or.jp」とは?おすすめのサーバーとドメインについても

集客の悩み解決!Web上にはWord Pressを主に集客目的で使ったサイトがたくさんあります。

Word Pressはプログラミングの知識がなくても簡単に、Webサイトが開設できるため企業や自営業、個人事業主の方だけでなく、趣味や副業目的でブログやサイトを作成している方などにも幅広く人気です。

Word Pressの利用料金は無料ですが、ネット上にWebサイトを公開するにあたりサーバーとドメインの取得が必要になってきます。

しかし、数多くの業者がいて初心者にはどれを選んでいいかわかりません。

そこで、今回は一般社団法人のアインも使っている業者を特別に教えますのでぜひ参考にしてください。

記事はこんな人におすすめです

  • 一般社団法人のドメインはなにがいいの?
  • Word Pressを使っている方
  • どこのサーバーとドメインが良いのかお悩みの方
  • サイトやブログの集客数が上がらなくてお悩みの方

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

一般社団法人のドメインとは

一般社団法人ってそもそもなんだろう?

これは、2008年12月1日に施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」によって設けられた法人の新しい枠組みです。

一般的に、営利活動は営利団体の形態をとり、非営利団体は法人格を持たない任意団体として活動する場合と、法人格を持つ特定非営利活動法人(NPO)として活動する場合があります。

しかし、NPOは活動目的が限定されていたため、誰もが利用できる枠組みではありませんでした。

新しくできた一般社団法人や財団法人は、ほとんど制限がありません。

まず、事業の内容に制限がありません。公的なものである必要はありません。同窓会や町内会、趣味のサークルなども法人になることができます。

また、サービスや商品販売などの収益事業を行うことも可能です。

一般社団法人や財団法人は非営利団体だから、収益事業はできないのではないか?と思われるかもしれません。

ここでいう「非営利」とは、組織が稼いだ資産を株式会社の株式配当のように分配することができないという意味です。

つまり、収益事業によってお金を稼ぎ、それを給与や投資に充てることは可能なのです。

このように、一般社団法人や財団法人という枠組みは、非常に広い範囲で法人化の有力な選択肢になっていると言えます。

一般社団法人のドメイン「.or.jp」

「or.jp」ドメイン名は、日本国内に住所を持つ社団法人、財団法人、医療法人、監査法人などの組織(団体)1つにつき1つしか登録できません。

これが他のドメイン名サービスとの大きな違いの一つです。

「△△△.or.jp」というドメイン名では、△△△の部分は、組織名などの任意の英数字が使用できます。

そのため、例えば組織が一般社団法人や一般財団法人であれば、ドメイン名そのものを使って「私たちは一般社団法人(一般財団法人)です」というメッセージを送ることができます。

みょうじん先生

JPドメインの種類の一つで非営利法人のためのドメインです。ORは “organization” (「団体」の意)を指します。

サーバーとドメインとは?

パソコンの画像|アインの集客マーケティングブログ

どこのサーバーとドメインを使えば集客アップにつながるのか悩みどころですよね。

一般社団法人ドメインを取得するのに、おすすめのサーバーとドメインを紹介!

……とその前に、サーバーとドメインの概要について説明しておきます。

そんなの知っているよ!

という人は読み飛ばしてください。

サーバーとドメインについて

まずサーバーとは、ネットワークを通じて他の端末にサービスや情報を提供してくれるコンピューターのことです。

サービスを受け取る側をクライアントと言います。

次にドメインですが、ネットに公開されているHPなどを識別するための名前です。

「https://www.ain.or.jp」なら「ain.or.jp」部分がドメインになります。

他にもドメインとして「.com」や「.jp」などが有名です。

例えるならサーバーが家主で、クライアントが間借りさせてもらう人(ユーザー)、ドメインが間借りの住所ということです。

次におすすめのサーバーとドメインですが今回はアインも使っている、お名前.comConoHa WINGについて紹介していきます。

一般社団法人ドメインを取得するのに
おすすめのサーバーとドメイン事業者は?

画像出典:お名前.com公式サイト

結論から言えば、一般社団法人ドメイン「.or.jp」を取得する際は、お名前.com(お名前ドットコム)が一番おすすめ!です。

お名前.comで一般社団法人ドメイン「.or.jp」を申し込みサーバーは国内最速を謳うConoHaで立ち上げる、という組み合わせのほうがトータルで満足度も高いです!

お名前.comとは?

お名前.comのドメイン取得サービス画面|アインの集客マーケティングブログ

現在ドメインの累計登録実績は2,200万件を超えており、国内でも最大級です。

独自ドメインが580種類と豊富なので、一般社団法人を表す「.or.jp」など、希望するドメインが使えなくてもその他のドメインが使える可能性が高いです!

お名前.comが選ばれる理由5つ

  1. ドメインの低価格販売について
    ドメインを低価格で提供するために、さまざまなセールを行っています。
  2. ICANN認定レジストラ
    日本で7社しかないICANN認定レジストラの1社として、希少なニュードメインをいち早く提供しています。
  3. 2500万件の登録実績
    多くのお客様のご愛顧のおかげで、2500万件以上のドメインを登録しています。
  4. 20年以上の運用実績
    アジア初のICANN公認レジストラとして、1999年からドメイン情報を提供しています。
  5. 580個以上のドメイン
    現在、580種類ものドメインを取り扱いしていますが、今後も世界中の希少なドメインや新しいドメインを追加していきますので、目的に応じて最適なドメインをお選びいただけます。
月額費用1,300円~サービス開始月を含み最大2ヶ月の月額料金が無料
初期費用無料
ドメイン費用実質無料最初の登録費用に1円かかるが初回のレンタルサーバーの請求額から1円割引
ドメイン更新費無料お名前.comのサーバーを続けている方で対象ドメインに限る
SSDの容量250GB
ドメインの使用制限無制限制限のないドメインに限る
データベース無制限
お名前.comの詳細

ConoHa WING(コノハ・ウイング)とは?

ConoHaは、超高速で高性能(国内最速を謳っています)な上に、ユーザーにリーズナブルなサーバーを提供するホスティングサービスです。

インターネット事業者大手のGMOが運営しており、サービスの品質と安心度はピカイチ!です。

ConoHaのサービスには、以下の3種類があります。


  • ConoHa WING
  • ConoHa VPS
  • ConoHa for Windows Server

どれを選ぶか悩みどころですが、おすすめなのはConoHa WINGになります。

ConoHa WINGは国内最速で更にWINGパックなら最大33%もお得になります。

ここからはアインがおすすめしているConoHa WINGのWINGパックについてご紹介していきます。

ConoHa WING WINGパックについて

ConoHa WINGのキャラクターイラスト|アインの集客マーケティングブログ

最大33%オフになる36ヶ月契約を例に挙げて記述していきます。

月額費用800円通常プランである1ヶ月最大料金1,200円の33%オフ
初期費用無料
ドメイン費用無料サーバーとセットになっているため別料金はかからない
ドメイン更新費無料続けている方で対象ドメインに限り無料
SSDの容量250GB
ドメインの使用制限無制限制限のないドメインに限る
データベース無制限
ConoHa WING WINGパックの詳細

ConoHa WINGの便利機能!

1.Word Pressかんたんセットアップ機能
Word Pressかんたんセットアップ機能のイラスト|アインの集客マーケティングブログ

レンタルサーバー、独自ドメイン、Word Press、Word Pressテーマ、SSL全部まとめて一括で申し込める便利なサービスです。

お名前.comでドメイン取得+ConoHa WINGでホームページ立ち上げ、という組み合わせのほうがトータルで満足度も高いのですが、

「面倒!窓口は一つでいい!」という方には、ConoHa WINGの「Word Pressかんたんセットアップ機能」を使いましょう。

はまちゃん

一括で申し込めるのはとても助かるわ!

みょうじん先生

初めてWINGパックを申し込む際に利用できますよ!

2.無料のWord Pressかんたん移行ツールが用意されている

Word Pressかんたん移行ツールの画像|アインの集客マーケティングブログ

他社サーバーで使っているWord Pressを自分でConoHa WINGへ移行できます。

控えめに言って、超カンタン!です。

3.Word Press移行代行

1回6,980円で移行にかかる作業を全てお任せできるサービスです。

みょうじん先生

かんたんに引っ越しできますが、それでも移行時のリスクを抑えて時間を買いたい方は「移行代行」もおすすめですよ。

4.ConoHa WINGへの移行ガイドがわかりやすい

自分で引っ越しすると、以降の流れは悩みどころですがConoHa側がわかりやすく解説してくれます。

ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ
ConoHaの申込画面|アインの集客マーケティングブログ

ConoHa WINGは、

  • 管理画面が使いやすい
  • 設定が簡単
  • サポートが手厚い

といった特徴があり、初心者でも使いやすいです。

自分でホームページやブログを立ち上げるならConoHa WINGにしておけば、間違いないです。

お名前.comで取得した.or.jpドメインをConoHaに移管する!

お名前.comで取得した.or.jpドメインは、ConoHaに移管できます。

ConoHa公式サイトで、とてもわかり易く解説していますので、ぜひそちらを参照して下さい。

>ドメイン移管する(ConoHa公式サイト)

まとめ
いいとこ取りをして一般社団法人のドメインとHPをゲットしよう!

両社とも初期費用とドメイン費用がかからないというメリットがわかりましたね。

またドメインの更新費も、そのサーバーやサーバー内のパックを続けている限りは無料です。

お名前.comは一般社団法人のドメイン「.or.jp」を取得できますし、他社と比べて費用はリーズナブルです。

またConoHa WINGのWINGパックだとWord Pressサーバーの月額費用は800円~と、かなりリーズナブルです。

集客数は伸ばしたいけど、コストは抑えたいというお悩みにぴったりではないでしょうか。

ConoHa WINGは国内最速を誇るだけあり、評価も高いです。

一般社団法人ドメイン「.or.jp」の取得を考えている皆さん、参考になりましたか?

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)