『ウェブ集客で商品を売るために必要なこと』

当たり前の様ですが、商品があるだけでは売れません

しかし、昔のモノが足りない時代では、商品があるだけで売れていた時代がありました。

競合他社もあまりいなかったので、たいして宣伝しなくてもモノさえあれば売れていたのです。

それから、何十年も過ぎて今はインターネットが主流の時代です。

モノや情報は溢れかえっている時代です。

その中でWeb(ウェブ)で集客して商品を売るためには、どういったことが必要なのでしょうか?

この記事は以下の方におススメです。

  • 占い師又はWebビジネスで集客にお悩みの方
  • SNSを利用して集客したい方
  • マーケティングを学びたい方

Web(ウェブ)で集客!~商品があるだけでは売れない~

あまり意識している人がいないと思いますので、もう一度言います。

商品やサービスがあるだけでは売れません

重要なことですので意識することが大事になります。

これは、オンラインで販売するにはとても必要なことだからです。

知っておいた方が色々ありますので解説していきます。

是非、Web(ウェブ)集客に役立てて下さい。

Web(ウェブ)で集客!~売れるために知っておくこと~

なぜ、売りたい商品やサービスがあるだけでは売れないのでしょうか?

その理由の一つが、世の中には似たような商品が沢山あるからです。

以前は、オフラインで対面店舗販売だと遠い場所には買いにいけないので、近くの場所で探していました。

しかし、現在はインターネットが全盛期です。

調べたら、いくらでも商品が出てきます。

近くで探さなくても、オンラインだけで完結するサービスはいくらでもあります。

昔よりも、その商品ではいけない理由がなくなってきました。

そのため、価格が安いだけのモノにお客さまを獲られてしまいます。

モノを売ることは昔よりも難しくなっています。

今は、【ナニ】を買うかよりも、お客さまは【ダレ】から買うのかを重要視しています。

そのためには、お客さまに共感してもらう必要があります。

そうすれば、「あなたから買いたい!」「あなたからじゃないと買いたくない!」と言う理由ができてきます。

商品よりも、あなたから買うことが大事になってきます。

Web(ウェブ)で集客!~モノ売りから脱却しよう~

お客さまには、共感してもらうことが必要です。

そのためにはまず、あなたが何者かを理解してもらいましょう。

  • どのような人生経験なのか
    今までの実績や、どういう店舗にいたのか、どんなことをしてきたかなど。
  • どんな経緯なのか
    今の商品を販売するきっかけを説明する。
    また、独立する理由を話す。

    例えば、会社では個々によりそうことができなかった。
    納得のいく商品を販売できなかった。
    売り上げトップを獲ったことで自信が付いたなど
  • どんな思いなのか
    自分の商品やサービスに対して、どんな思いなのか話します。
    例えば、企業にいた時には制限があったので、自分でやることになったことで制限がなくなったなどです。

お客さまに、知っていただくことで信頼してもらい、その結果安心して購入してくれるようになります。

Web(ウェブ)で集客!~ストーリーを想像させる~

お客さまに、ストーリーを想像させることは非常に大事なことです。

お客さまが購入した後に、どんな結果をもたらすのか、どんな良い未来が待っているのかを説明します。

これを、ベネフィットと言います。

日本語では、恩恵という意味もあります。

メリットと勘違いされる方もいらっしゃるかも知れませんが、メリットとは、商品の機能や特徴の話です。

ベネフィットは、もっと深い話でお客さまがお金を払うことによって、その後にどんな未来が待っているのかということを連想させることです。

大事なことは、映像が頭に浮かぶようにすることを意識して伝えることです。

やり方は、文章でも音声でも動画でも、どれを使用しても大丈夫です。

口下手なら文章で、動画に自信がないなら音声で、動画を作りたくても上手に作れないなら、今ではランサーズなどを利用して簡単に外注できます。

また、動画から音声にするのは、グーグルを利用すれば無料で簡単にできるので、どんな方法でも構わないので、まずは映像が浮かぶように伝えましょう。

商品やサービスを購入したら、どんな良い未来が待っているのかを意識して伝えましょう。

Web(ウェブ)で集客!~失敗経験を伝えて共感を得よう~

商品やサービス内容によっては、失敗経験を伝えることによって共感してもらいます。

お客さまとの心の距離が縮まってきます。

  • コーチングコンサル・講師業
    自分が、昔上手くいかなかった経験を伝えます。
    「今はすごい人でも昔は自分と同じだったんだ」と共感してもらえます。
  • セラピスト
    「自分も上手くいかなかったけど、昔お世話になったセラピストがいて、その人のおかげで今の自分は上手くできている」などの体験談を話します。
    お客さまは共感してくれます。
  • 占い師・スピリチュアル系
    変化球が必要です。
    占い師が失敗した体験談を話すとお客さまは頼りなく感じます。
    そこで、【あえて】試してみます。これがものすごく効果的です。

    例えば、風水では鬼門の方角に良くないモノを置いてみたり、流れが悪くなるような配置にわざとしてみたり、【あえて】やってみます。

    その経験談を話すことによって、【あえて】お客さまに体験させないようにします。
    そのことによって、お客さまからは信頼を得られます。

    トップクラスの占い師も使う手法です。失敗経験を【あえて】試したとして話してみます。

Web(ウェブ)集客で商品を売るにはお客さまの信頼が必要!

現在では、実際に店舗や商品を探さなくても、オンラインですぐ買えます。

さらに、同じような商品や販売店は沢山あります。

そこから商品を売っていくためには、お客さまからの信頼が必要です。

ベネフィットが非常に大事なのは、お客さまは商品にお金を払っているというよりも、商品を購入した後のベネフィットに対してお金を払っているからです。

これを販売側が、商品を売っていると思っているとお客さまとの信頼関係が築かれません。

さらに、あなたのことを理解してもらえず共感されなくても、信頼関係は築かれません。

お客さまと信頼を築いていって、商品を売っていきましょう!

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)