インスタグラム集客~準備編~

 ここまでインスタグラムの特徴や種類などについて理解を深めてきたと思います。ここからは、インスタグラムの集客について入っていきます。このパートでは、インスタグラム集客の準備編ということで、インスタグラム集客を始める前の3つの準備について解説していきます。

インスタグラム集客を始める前の3つの準備

 さて、いよいよインスタグラムの集客を始めていきたいのですが、そのまえに実は大切な準備があるんです。何事も準備が大切です。これは、インスタでも同様なんです。なんとなく集客を始めても、うまくいかないことのほうが多いので、今回は、インスタグラム集客を始める前の3つの準備について、具体的かつ分かりやすく解説していきます。

  • インスタグラムアカウントの目的を決める
  • インスタグラムアカウントのターゲット層を決める方法
  • インスタグラムの発信内容を決める方法

になります。特に、ターゲット層の決め方は大切なので、3ステップに分けて解説していきますね。

①インスタグラムアカウントの目的を決める方法

 それではここからInstagramアカウントの運用について具体的に解説していきましょう。個人や企業がビジネスでInstagramを活用する目的は、「あなたのファン獲得と売上への貢献」です。趣味のようにInstagramアカウントを運用してもよいのですが、ビジネスとして時間・人・お金を費やして運営する以上、売り上げなどの成果につながるような形で運用する必要があります。

 では、ビジネスとしてどのようにInstagramアカウントを運用すればよいのかというと

【投稿】ユーザーファーストの役立つ情報を提供し続ける

【分析】コンテンツ・アカウントの分析と検証をし続ける

の2つを徹底的に実施していただくことで、ブランドのファンとなってくれるフォロワーの獲得につながります。やることは大変シンプルですが、これを実施しさらに継続させて成果(ファンの獲得や売上)につなげていくためには絶対に意識する必要があります。

 これらに加えて、あなたのアカウントなりの目的も決める必要がありますね。

例えば、

  • 既存のお客さまにリピーターになってもらえるような投稿をする
  • 新規顧客獲得をするためにインスタ映えを狙う
  • ストーリー機能を活用してプロダクトローンチを図る

 何よりもまず、あなたが理解する必要があるのは、なぜInstagramをやるのかといった主な目的です。ここにしっかりと時間をかけ、あなたのビジネスにおいてどんなことを知る必要があるのか明確にしていかなければなりません。

 「InstagramをやるためにInstagramをやる」になってはいけませんよ。当たり前のことを言っているようですが、結構この目的について僕が突っ込んで聞くと、答えられない人はたくさんいます。ただ大丈夫です。今からちゃんと考えればいいだけですから。

②インスタグラムアカウントのターゲット層を決める方法

 ターゲット設定と聞くと、煩雑なイメージを持ちますが、そんなに難しく考える必要はありません。以下の2つのポイントをおさえれば、簡単に適切なターゲットを決めることができます。

  • インスタグラムユーザーの年齢分布を把握する
  • 年齢分布を踏まえてターゲットが適切かどうか判断する

②-1.まずはじめにターゲットを設定する

 まず重要なことは、どんな人に情報を届けたいかを考え「ターゲットを決める」ことです。既に商品やサービスがある場合は、同じターゲット層を設定して運用するのがいいでしょう。「まだ商品やサービスはないけど発信をしたい」という人は、どんな人に自分の価値を届けたいのかを想像して設定するのがおすすめです。

 ターゲットを決めるために、まずは以下の項目を埋めてみましょう。

  • 性別
  • 年齢層
  • 職業
  • 居住エリア
  • 趣味

②-2.インスタユーザーの年齢分布を理解する

 ターゲットを決めるときは、まずインスタグラムユーザーの年齢分布を把握しましょう。インスタグラムというプラットフォームに、どの年代・属性のユーザーがいるのか知っておけば、自社の商品やサービスを利用してくれそうなターゲットを決めやすくなるからです。

 一方、年齢分布を把握せずにターゲットを決めると、そもそも利用者数が少ない層をターゲットにしてしまい、いくら運用してもなかなか成果を得られない・・・なんてことに。このようなことにならないためにも、ターゲットを決めるときは事前にインスタグラムユーザーの年齢分布を知っておくようにしましょう。

 インスタグラムのユーザー分布は、メインユーザーが20代~30代の女性で、続いて20代~30代の男性、そして30代以降、年齢が高くなっていくにつれて、男女ともに少なくなっています。

②-3.ターゲットが適切かどうか判断する

 基本的に商品やサービスを開発する時点で、ある程度、ターゲットは決まっているはずです。あとはインスタグラムユーザーの年齢分布を踏まえて、そのターゲットがインスタグラム運用で適切かどうか判断します。もともとターゲットとしていた層が多ければ、そのままでもいいですし、もう少し絞ってもいいかもしれません。

 一方、ユーザー数が少なければ、訴求できる母数が限られてくるので、思ったより効果を感じられなくなる可能性があります。母数が多いユーザー層に変更したほうがいいのかどうか検討してみましょう。なお、母数が少ないからといって、必ずしも効果が小さいというわけではありません。商品やサービスによっては十分な成果を得られることもあります。

 インスタグラムをしっかり運用するということは、それなりの目的があるはずです。商品販売なのか、集客なのか、ブランディングなのかはわかりませんが、目的を達成するうえで適したターゲットなのか、インスタグラムユーザーの母数を踏まえて考えてみましょう。

③インスタグラムの発信内容を決める方法

コンテンツには2種類あります。

  • お客さんと信頼関係を作るコンテンツ
  • お客さんが進化できるコンテンツ

 今は、本当に情報爆発の時代です。昔とは比較にならない程、個人が情報をどんどん発信していますよね。だからこそ、「あなたが誠実そうかあなたが信用できそうか」という判断材料がいる訳です。「あなたの言う事・商品なら信頼できる」と思ってくれる人を増やすこと。ここを考えて発信していきましょう。ビジネスもインスタも、最重要は「信頼の構築」です。

 お客さんが進化を遂げるには、そもそも何を知りたがっているかどんな欲があるかどうなりたいのか、お客さんの「不(不便・不都合・不満・不安)」を知る必要があります。ターゲット層の「不」を知って、それを解決するコンテンツを提供しましょう。

課題3

  • あなたのアカウントの目的はなんですか?
  • ターゲット層はどのような人たちですか?
  • 発信内容の例を1つ挙げてください。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)