【簡単】amazonアソシエイトの審査について

インターネットのニュースサイトやまとめサイトを見ていると、アマゾンの広告が挿入されているのに気付いたことはありませんか?

あれは「Amazonアソシエイト」というサービスで、アフィリエイト広告と同じように自分のブログなどに訪れた人が商品を購入することで収入を得ることができるのです。

ここでは、Amazonアソシエイトの仕組みや使いやすさ、導入時の審査などを詳しく紹介しますので、Amazonアソシエイトの導入を検討している方はぜひ読んでみて下さい。

Amazonアソシエイトとは?

Amazonの箱|アインの集客マーケティングブログ

Amazonアソシエイトは、管理するブログにアマゾンの商品を紹介する広告を埋め込むことで導入できます。

自分のブログを訪れた読者がAmazonの広告をクリックして商品を購入すれば、Amazonアソシエイトを導入したブログの管理者に報酬が支払われます。

報酬は紹介率と販売された商品の単価に基づいて計算されるので、読者がより高額な商品を購入すれば、より多くの報酬を得ることができます。

必要なのは、オンラインでアマゾンに申し込むこと。

審査に合格すれば、自分のブログにAmazonアソシエイトのリンクを自由に貼ることができ、とても簡単に始められるので人気があります。

【メリット】Amazonアソシエイト

Amazonボックス|アインの集客マーケティングブログ

他にも、アフィリエイト広告など、ブログにリンクを貼って稼ぐことができるサービスはたくさんあります。

その中でも、Amazonアソシエイトを利用するメリットは何でしょうか。

ここでは、Amazonアソシエイトの魅力やメリットをご紹介します。

1.既に会員である人が購入する可能性が高い

こけしみたいなオブジェクト|アインの集客マーケティングブログ

アマゾンは世界最大級のネット通販であり、会員になっているユーザーが多いことはよく知られています。

アマゾンの広告である「Amazonアソシエイト」を自分のブログなどで利用するメリットとしては、アマゾンは多くのユーザーが慣れ親しんで利用しているサービスであるため、新規会員登録をしなくてもログインするだけで利用できることが挙げられます。

また、多くのユーザーが利用しているという安心感から、ついついクリックしてしまうということもあります。

時間的にも心理的にも購入へのハードルが低く、比較的多くのユーザーが広告をクリックすることが期待できるといえます。

また、会員登録をしていないユーザーでも、多くのユーザーに利用されているアマゾンブランドに安心感を持ち、Amazonアソシエイトをクリックして会員登録することもあります。

大手ではないECサイトでクレジットカード情報や住所などの個人情報を登録する際に違和感を覚えるユーザーも多いのですが、アマゾンであればそのような心理的なハードルを感じることはないでしょう。

Amazonアソシエイトは、アフィリエイト広告などの他のサービスに比べてユーザーが気軽にクリックできる媒体です。

そのため、購入に結びつきやすいのです。

2.豊富な商品数

ノートパソコン|アインの集客マーケティングブログ

アマゾンの商品ラインナップは1億点以上で、食品や日用品だけでなく書籍や動画配信サービスなども充実しています。

また、Amazonアソシエイトでは、紹介する商品をサイト側で選ぶことができるので、自分の記事に関連する商品を紹介するように広告を設定すれば、読者に注目してもらいやすくなります。

特定の分野に特化したブログを作成している場合、その分野に関連する商品が豊富にあるAmazonは目に留まりやすく統一感のあるページを作るという点では非常に使いやすいと思います。

3.商品ページを離脱しても報酬が入る場合も!

パソコンに置かれたクッキー|アインの集客マーケティングブログ

Amazonアソシエイトの収入は、ブログやサイトの読者がクリックしてすぐに購入した場合以外にも反映されることがあります。

これは、アマゾンがサイトへのすべての訪問記録(クッキーといいます)を24時間保持しているため、サイトを離れたユーザーの購入もカウントされ、ブログやサイトの管理者に報酬が支払われるためです。

例えば、あなたのサイトで映画を紹介し、アマゾンでDVDを購入する広告を掲載したとします。

あなたのブログやサイトの読者が、その記事のAmazonアソシエイトをクリックして商品ページを離れも、24時間以内にAmazonに戻ってきてDVDと本を購入した場合、DVDと本の両方の価格が支払われます。

Amazonアソシエイトが紹介した商品を、読者のすべてが即決で購入するとは限りません。

中には、購入を迷ったり、商品をカートに入れたままにしてしまう人もいるでしょう。

即決しない人にとって、自分のページに掲載されたアマゾンアソシエイトからの商品ページに24時間以内にアクセスした読者に報酬が支払われるのは、ブロガーやサイトオーナーにとって非常に魅力的なことです。

ただし、Amazonアソシエイトをクリックした読者が、他のアフィリエイターのリンクをクリックしてしまうと、後からクリックした方にクッキーが上書きされてしまいます。

できれば、すぐに購入してもらうのがベストです。

4.リンクの方法はいろいろ

リンクのイラスト|アインの集客マーケティングブログ

Amazonアソシエイトの利点の一つは、ブログやウェブサイトに様々な形式でAmazonアソシエイトを埋め込むことができることです。

バナーやウィジェットの種類も豊富で、「ページのレイアウトを崩さずに広告を入れたい」というニーズに応えることができます。

実際、Amazonアソシエイトの上手な使い方は、広告感を出すのではなくさりげなくページの中に取り入れることです。

Amazonアソシエイトの表示方法を検討することは、ページを作成する上で欠かせないことです。

また、カスタマイズツールを使って、より見栄えのするページに編集していくのも良い方法だと思います。

Amazonアソシエイトのデメリット

ユーザーにとっては信頼できるブランドであり、ブロガーにとっては使いやすいAmazonアソシエイトですが、メリットばかりではありません。

利用する上でのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、Amazonアソシエイトを導入する際の注意点をご紹介します。

1.低い紹介料率

一般的に、Amazonアソシエイトの紹介料率は、アフィリエイト広告などの他のサービスに比べて低く、多くの紹介者を獲得しなければ、大きな収入を得ることはできません。

紹介料率は商品によって異なり、特に書籍やCDは低いと言われています。

書籍の場合、読者がAmazonで1,000円の本を購入しても、30円しかもらえません。

しかも、最低振込額が設定されていて、Amazonアソシエイトの月収が5,000円以下の場合はまったく振り込まれません。

2.厳しい審査

実は、アマゾンアソシエイトは、希望者全員が利用できるわけではなく申し込みをして審査に合格した人だけが利用できるのです。

Amazonアソシエイトの審査は非常に厳しいと言われており、インターネット上にはAmazonアソシエイトの審査に合格するための記事がたくさん掲載されています。

また、失敗談を掲載している人もいますので、それらを参考にして、自分のブログやサイトが審査に通るかどうかをセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、Amazonの公式ページでは「プログラムに採用されないサイトの例」も公開されていますので、これに目を通し、自分に当てはまらないか確認してみてはいかがでしょうか。

3.広告を出したからといって、すぐに稼げるようになるわけではない

Amazonアソシエイトを導入したとしても、当然ながら広告を掲載するだけでは収入につながりません。

広告をクリックした読者に商品が売れなければ、収入は発生しません。

したがって、収入を増やすためには、クリックされやすいレイアウトを工夫するだけでなく、読者が買いたいと思う商品を選び、広告に誘導する内容の記事を作成する必要があります。

また、読者を広告に誘導できるような記事を作ることも必要です。

厳しい審査を通過して広告を掲載できるようになっても、稼げるようになって手元にお金が届くようになるまでには、しばらく時間がかかるかもしれません。

しかし、レイアウトを工夫して読みやすいページを作り、魅力的な記事を書きその記事に合った広告を選ぶという一連の流れは、ネットビジネスには欠かせないスキルですから、ぜひ身につけておきたいものです。

Amazonアソシエイトの登録と審査について

ここでは、Amazonアソシエイトとして登録するための手順をご紹介します。

登録作業は、まず登録ページにアクセスして、Amazonアカウントでサインインします。

報酬の受取人の設定、Amazonアソシエイトを掲載するサイト情報の登録、電話番号の登録、情報の確認が済んだら、審査の結果を待つことになります。

審査を通過するためには、上記で紹介した「プログラムへの参加を断られるサイトの例」に自分のサイトが該当しないことを確認する必要があります。

記事数は10本程度あれば十分と言われていますが、場合によってはコンテンツ不足と判断されることもあるようです。

また、他のASPの広告が掲載されていると審査に通らないと言われていますので、自分のページに広告が掲載されていないか、今一度確認してみてください。

さいごに:まずはAmazonアソシエイトに申請してみよう!

Amazonアソシエイトは審査が厳しいと言われていますが、仮に落ちたとしても、いつでも再申請して何度でも挑戦することができます。

アマゾンが公表している基準を満たし、読者にとって魅力的なコンテンツを含んだページを作成したと感じたら、アソシエイト審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)