1-1 勇者と武器から学ぶ「マインド」と「ノウハウ」の違い

こんにちは、みょうじんです。今回のレクチャーでは「マインドセット」について具体的な例を挙げながらわかりやすく紹介していきます。

人生において成功したい、突き抜けた結果を出したいと思ったことがありますか?

実際に僕だけでなく、誰しもが人生バラ色でお金や愛や幸せに溢れている生活に憧れますし、成功しかない人生を夢見たことがあるでしょう。

失敗した一生を送りたいとは思いません。誰もが「成功不可避」である状況になるためのコツや考え方、行動の方法を知りたいのです。

実はお金、時間、労力、自由、幸福…人は様々な物に対してマインドを持っています。

人が生きていく中の全てに通ずる考え方が、あなた自身のマインドと呼ばれるものになります。

逆に言うと、マインドさえ出来上がっていれば「成功不可避」の状況に出来ると考えられると言えるのです。

マインドとは何か?

では、結局マインドとは何か。

簡単に説明すると、マインドとはその人自身を表すものです。だとすれば、自分自身を変えなければ人生がうまくいく筈がありません。

例えば、自分探しをしたり自分が何者かになりたいと考えたりする行動を「マインド」と言ってしまうのは大きな間違いです。何故ならノウハウとマインドは別物だからです。

マインド自体が自分自身だとすると、マインドを鍛えると人生において強くなり、戦えると言えるのです。

そこで今回は、最初に絶対に覚えておいてほしいことを具体的に紹介します。対象者がどうなるべきなのか、具体例を交えた道筋や僕自身の考えを参考にしてみて下さい。

今の状況に大満足な人は一握り

まず、このレクチャーの対象者とゴールについてお話していきます。

マインド云々と聞くと難しい内容に感じるかもしれませんが、対象者とゴールを見ると実はそうではないことがよくわかりますよ。

このレクチャーの対象者

このレクチャーの対象者はこんな人たちです。

・現状にくすぶっている人

・未来を変えていきたい人

・占い関係で結果を出してお金・時間の自由が欲しい人

・仕事もプライベートも人生も充実させたい人

この対象者の考えや立場を見ると、「あるある」と思った方がほとんどではないでしょうか。

今の状況に大満足な人は一握りですし、僕の周りでも仕事もプライベートも充実している、と胸を張って言える人はほとんどいないと感じています。

つまり、ほとんどの人がマインドについて知りたい、会得したいと思う対象者なのです。

マインドをしっかりと理解し、現在も人生を謳歌しよう

では、対象者がどうなる未来がゴールや目的になるのでしょうか。

僕は次のように考えています。

・マインドが全てであることに気付いてほしい

⇒その人の軸であり、次元であることに気付いてほしい

⇒仕事も恋愛も結婚もマインド次第でがらりと変わることに気付いてほしい

・お金、仕事に人生を振り回されてほしくない

・自分の幸せに気づき、自分の時間を大切にして欲しい

・人生は一度きりなので、後悔なく人生を楽しんでほしい

・家族、子供、友だち、パートナーなどの大切な人たちとの時間を大切にして欲しい

⇒そのための手段としてマインドのインストールがある事を忘れないでほしい

・「成功不可避」のマインドを手に入れてほしい

・短期間で結果を出せるようにしてほしい

僕が思っている理想のゴールを達成出来たら、今の人生が何倍も楽しくなるのが目に見えていますよね。実際に僕は占い師や経営者、事業主等様々な職種や年齢の方にインタビューをしましたが、その中で見つけた共通点や考え方が非常に多い事実に気付きました。そしてインタビューした人々はマインドをしっかりと理解し、現在も人生を謳歌しています。

あなたにも、同じような体験をしてもらい、豊かな人生を歩んでいってほしいと強く願っています。

マインドとノウハウの違いをRPGで説明

僕は、自分探しとか何者かになりたいというようなものを「マインド」と言ってしまうのは大きな間違いであると説明しました。

大前提としてマインドを会得するには、ノウハウやテクニック、スキルがないと成功しないと思っている人が大半です。しかし、実際は違います。

そこで、ここからは分かりやすくマインドとノウハウの違いをRPGやゲーム風に説明してみましょう。

マインドは勇者自身、ノウハウは武器や道具

僕はマインドは勇者自身、そしてノウハウは武器や道具だと思っています。

例えば、勇者は素手で戦いませんよね。大抵伝説の剣や武器を持っています。

伝説の剣がなくても木の棒や鎧、魔法など何かしらのツールを持っているのが普通ですよね。

では、マインドが勇者自身と仮定すると、ノウハウである武器や道具はどうなってしまうのでしょうか。

もしも勇者自身が怖がりで心身共に弱いとします。この場合、いくら伝説の剣が勇者の手元にあったとしても、勇者自身が弱く戦う意思がなければ伝説の剣もただの役立たずです。

そもそも勇者は戦いに出られないですし、出ないでしょう。

つまり、家にいくら強い剣(ノウハウ)があっても飾ってあるだけでは無意味。勇者の役目を果たすには戦いに行かなければならないのです。

勇者自身(マインド)を鍛えないと剣(ノウハウ)があっても意味がないのです。

だから僕は、自分探しやどんな自分になりたいと考えるのを「マインド」と言ってしまうのは大きな間違いである、と考えています。

自分自身の基準値を上げる

僕は、突き抜けた結果を出す人の考え方や、僕が出会ってきた成功してきた人の考え方を聞いていくと、いくつもの共通点がある事実に気付きました。

もしこのレクチャーを見て自分自身の基準値が上がっていった場合、作業もサクサク進み、スピード感を持った人間になれるでしょう。

スピード感で結果は大きく変わります。例えば、僕がこのレクチャー全体を1週間で完成させたとします。しかし、他の人が同じ質のレクチャーを1年かけて完成させたとすればどうでしょうか。

1年間で約50倍の差が生まれます。多くのレクチャーを販売や公開すればどれだけの利益と時間が生まれるかを考えると、キリがないですよね。

今回お話ししているのは、圧倒的な結果を短時間で生み出していく。そんな僕たちの根幹に当たる部分であり、基準値を上げる基本的な考え方です。その中でプロの占い師のマインドだけでなく、僕たちが持っているプロのビジネス家のマインドもあなたの脳にインストールされ始めたと思います。

考え方をしっかりインストールしよう

今回のレクチャーは以上です。

勇者と武器の例でも説明したように、マインドとはどうなりたいかではありません。自分自身を見つめなおし、今の考え方や行動を見直さなければならないのが大前提と言えるでしょう。

マインドとはその人自身を表すものです。

是非この考え方をしっかりインストールして、お金や時間、幸福、プライベートなど人生の全てを手に入れて頂ければと幸いです。

それでは次回のレクチャーでお会いしましょう。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)