【はじめに】売れないのは良いコンテンツではないから

 

このレポートを手に取っていただき誠にありがとうございます。一般社団法人アインの荒屋です。

最初に結論から言っておきます。

 

あなたの商品が売れない原因、それは良いコンテンツを提供していないからです。

では、良いコンテンツとはなにか?

良いコンテンツとは人を惹きつける「分かりやすい」コンテンツ、ということなんですね。

分かりやすいコンテンツじゃないと、良いコンテンツとは言えません。

良いコンテンツとはですね、誰にでも分かる文章を使っていることが大事です。
みんな、ビジネス界隈とか特に多いんですけれども、難しい言葉を使って説明している
人いますよね。

 

僕も昔はそうでした。ですけれども、一つ覚えてください。多くの人間は難しい言葉は分からないんです。言ってしまえばここだけの話、人間はバカなんです。ほとんどの人が。

なので、読めない言葉とか、考えさせるような言葉は使わない方がいいんですね。中学生でも分かるような文章を心がけましょう。ツイッターも一番読まれるのは「箇条書き」でした。

 

僕いろんな型を試したんですけれども、箇条書きが一番読まれやすいですね。読まれやすいっていうか見て分かりやすいっていうものです。

 

これで難しい言葉を使って google 検索にでも飛ばれた日には、もうおしまいです。

なぜかというと、外部コンテンツだからです。外部コンテンツに行くっていうのはかなり深刻な事態だと、皆さん認識してください。

難しい言葉を使ってしまうとgoogle検索でお客様はあなたのコンテンツ、ページから離脱してしまいます。そうなると最後まで読まれないんです。

 

1.読まれないと売れない

 

最後まで読まれないとどうなるか、もう分かりますよね。

 

一番下に決済ボタンとか購入ボタン、次のコンテンツへの動線が仕込んであるのに、一番下まで読まれないということは収益率が格段に下がるんです。なのでgoogleはもう敵だ、と思っていただいてもいいぐらい、もうダメなんですね。

 

でもまあ今まで色んな、例えばマーケッターとかこういう集客とか、コンテンツづくりを学んでいる人たちはいろんな言葉を覚えているので、使いたくなっちゃうのはわかります。

 

皆様はもうバカじゃないです。ちゃんと覚えてきてますからね、沢山の専門用語を。なので、せっかく覚えた言葉を使いたい。僕もそうでした。使い方のちょっとコツを教えます。僕が好きなことばで、ちょっと例えてみましょう。

 

僕がすきなことばは「エビデンス」です。

エビデンスがないものは僕は基本信じないようにしているので。でただこれだけだとやっぱりgoogle検索で「エビデンス」とは何ぞや?って飛ばれちゃいます。

調べられないようにするコツは、自分のコンテンツの横にちゃんと説明文を作っておくこと。

 

だから「エビデンス(根拠)」と言ったらわかりますよね。

根拠のない言葉は僕は信じない、ほら分かりやすいじゃないですか。まあ本当だったら「エビデンス」って書かない方がいいんですけどね。

漢字ばっかりだとちょっと見づらいコンテンツになってしまうので、カタカナを使うのもアリです。その場合はこうやって横にちゃんと説明書きを付けましょう。

自分のコンテンツをこの中だけで完結させるっていうのが大事なんですね。外部コンテンツに飛ばさないようにしましょうね。

 

2.「視認性を高める」

 

わかりやすいコンテンツとは、わかりやすい文章を使っていること。これはお分かりいただけましたね。

 

2つ目は、読まれることが大事じゃないんです。
見られることが大事なんですね。

つまり、見やすい、見られやすい文章、コンテンツが大事なんです。
これを「視認性を高める」って言って、大企業とかもこれはかなり力を入れてやってますね。


何で読まれるじゃなくて、見られるなんだろう、ということを考えると、僕たちみんなそうなんですけれども、例えばツイッターの140文字の文章ですら、人のツイートを一語一句詳しく見ませんよね。

 

見ないと思うんですよ。


なので、見てもらわないとそもそも読んでもらえないし、そもそも人間って文字を読まないんですよ。

まず見てもらわないと話にならないってことで、見やすい文章にしようっていうことですね。

 

一気に詰め込むよりも、改行を適度に入れましょう。その方が見やすいですからね。

あとはなんども言うように箇条書き。箇条書きが一番見やすいです。読まなくて済んですよ。

見て終わるんで、これはかなり視認性高いですね。

 

例えば…

「ミスを防ぐ方法としては様々な方法があるが、ミスが起きないように必ず見直しをするチェック体制を整えていきます。さらに、ミスが起きないように机の上を整理整頓し、始業も時間の余裕をもって進めるようにします。また、会議を開催してミスが起きやすい箇所を共有し、それらが改善出来たら報奨金を支給するようにします。」

これだとめちゃくちゃ読みにくい

『改善案』

  • ミスが起きないように必ず見直す
  • 業務を実行する人とは別に、チェックする人を設ける
  • 業務を始める前に、机の上の整理整頓を行う
  • 始業時間ギリギリにスタートするのでなく、時間に余裕をもって始める
  • ミスが起きやすい箇所を話し合う会議を開催する
  • ミス率を計測し、改善出来たら報奨金を支給する

 

どうですか?こっちの方が断然見やすいですよね。

3.興味がない人に読ませるには

次は、基本的に興味がない人に見せる方法というのを教えていきます。というか興味がある人はもう勝手に読むので、お客さんを増やすためには興味が無い人に見せて、興味を持って貰わなきゃいけないんですね。

 

その方法とは、最初に結論をいう。

今この記事でも最初に結論をいいましたね。

この興味がない人には最初に結論をいうのがものすごく大事になってきます。

だらだらだらだらと最後に行く前に、動画のブログとか文字コンテンツも、まずだらだら書いてると読まれないんですよ。

自分の書いた文章や動画が、全部最後まで読まれるっていうのは大間違いですからね。

 

これをアンチクライマックス法っていいます。言葉はあまり重要じゃないですけど一応覚えておいてください。

 

逆にクライマックス法という方法もあり、これは結論を最後にもってくる方法です。

これが使えるのは家族とか身内とか、あとは高額のコンテンツを買った人で、あなたの持っているものに、めちゃめちゃ興味がある場合は結論を、最後まで引き延ばした方がいいです。

これがクライマックス法ですね。

ブログやSNSの場合、まだ集客・教育の段階では興味のない人が大半なわけですから、基本興味ない人を認知→興味→集客につなげるんだからアンチクライマックス法の方が有効だよ、という話ですね。

 

これは古来から変わってないし、今後も変わりません。

なぜなら、人の心理だからです。これが全てなんですね。

どんな売り方とか出てきても、人間が人間である限り、売り方は変わらないのでここは絶対覚えてくださいね。

 

【最後に】分かりやすいコンテンツを作れば

 

分かりやすいコンテンツを作ればどうなるかというと、集客・教育・販売まで全部うまくいきます。

 

だからあなたの収益がちゃんと分かりやすいコンテンツを作ればちゃんと売れていくんですね。
みんな何で売れないかって、分かりにくいようなことばっかりやってるからです。

なので、今日ここに書いたようなことをちゃんとメモしてもらって、覚えて、ちゃんと実践してみましょう。

 

ということで今日は

『あなたの商品が売れない原因は良いコンテンツではないから』

というお話でした。
コンテンツ作成のアイデアが欲しい方は、いつでもアドバイス・コンサルティングいたします。

通常、1回5万円頂いておりますが、このメルマガ限定記事を見た方限定で12,800で行います。
正直、安すぎる金額なのですがやる以上は本気でやります。
いつまでやるかわからないので、興味がわいた方はお早めに。

▼こちらから▼

相談はこちらから